季節のおすすめスポット

写真をクリックすると詳細が表示されます

  • 食事処
  • お手洗
  • 温泉
  • 入館料
  • 土産屋
  • 海水浴場
  • キャンプ場
  • シャワー
  • 釣場
元町港
路線 大島公園ライン
波浮港ライン
三原山ライン
停留所 元町港
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
大島の中心地、元町地区にある元町港は島の西側に位置する海の玄関口です。元町地区には、町役場、観光協会、医療センター、銀行、郵便局なども設置されております。また、元町港は島内を走る路線バス(大島公園ライン、波浮港ライン)の発着地で有り、(三原山ラインは当日の港から発着)港のすぐ近くには、御神火温泉や浜の湯といった温泉施設もあります。
岡田港
路線 大島公園ライン
三原山ライン
停留所 岡田港
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
岡田港は、島の北側に位置する海の玄関口です。岡田港桟橋の正面には、冬場特に宝永の噴火口が正面に見える富士山が絶景です。夏は、港のすぐそばに、小さな子供も安心な日の出浜があります。
大島空港
路線 大島公園ライン
ぶらっと
野田浜ライン
停留所 大島空港入口
大島空港ターミナル
空港北口
停留所から 徒歩0分
ホームページ ANA全日本空輸株式会社
新中央航空株式会社
備考
大島では唯一平坦な北の山地区にある大島空港は、羽田空港と東京調布空港からの定期便の他、島々を結ぶヘリコプター(アイランドシャトル便)も就航しています。
元町浜の湯
路線 大島公園ライン
波浮港ライン
三原山ライン
停留所 元町港
停留所から 徒歩3分
ホームページ 東京都大島町公式サイト
備考
1986年の三原山噴火後に湧出した温泉を利用した露天風呂で、元町港や伊豆半島を眺めながら温泉に浸かるのも楽しいものです。ここは水着着用ですが、お持ちでない方には貸し出しを行っています。なお、海岸に面しているため、強風や天候によりお休みになる場合があります。
御神火温泉
路線 大島公園ライン
波浮港ライン
三原山ライン
停留所 元町港
停留所から 徒歩5分
ホームページ 御神火温泉
備考 電話:04992-2-0909
入館料:おとな1,000円
(毎月第二木曜日休館)
1986年の三原山噴火後に湧出した温泉を利用した多目的施設です。温泉も、ジャグジーや打たせ湯などバラエティーに富み、プールを利用することも可能です。
郷土資料館
路線 大島公園ライン
停留所 郷土資料館入口
停留所から 徒歩5分
ホームページ 東京都大島町公式サイト
備考 電話:04992-2-3870
入館料:おとな200円
大島の成り立ち、歴史、風俗など厳しい自然環境の中、島の先人たちが残した貴重な文化財が展示してあります。
火山博物館
路線 波浮港ライン
停留所 火山博物館前
停留所から 徒歩1分
ホームページ 東京都大島町公式サイト
備考 電話:04992-2-4103
入館料:おとな500円(不定休)
伊豆大島の成り立ちや、三原山の噴火の歴史、世界の火山などの資料が、写真や映像で見ることができます。
ぶらっとハウス
路線 ぶらっと
野田浜ライン
停留所 ぶらっとハウス前
停留所から 徒歩0分
ホームページ 東京都大島町公式サイト
備考
大島空港滑走路の北側、アイランドファームの一角にある、ぶらっとハウスは大島の農家で取れた新鮮な野菜の直売場です。また大島牛乳を使ったアイスクリームも人気です。
野田浜海岸
路線 ぶらっと
野田浜ライン
停留所 野田浜海水浴場
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
元町港から北5kmに位置するダイビングポイント。規模は小さいが海水浴場もあります。野田浜海岸へは、元町からサイクリングロードもあり、伊豆半島を眺めながらのサイクリングもできます。 7月、8月は元町港、岡田港から路線バス(ぶらっと・野田浜ライン)が運行しています。
伊豆大島椿・花ガーデン
路線 三原山ライン
停留所 椿・花ガーデン
停留所から 徒歩0分
ホームページ 伊豆大島椿・花ガーデン
備考 電話:04992-2-2543
入園料:おとな800円(定休日あり)
椿と季節の花の観賞、特に、2・3月が見ごろの椿が10月から咲いている早咲き椿にはビックリ。一足早い椿まつりが楽しめます。また、6月の中頃からは、伊豆諸島それぞれの島に咲くめずらしいあじさいも鑑賞できます。ここで作る大島名物の牛乳煎餅はとっても美味しいと評判です。
大島温泉ホテル
路線 三原山ライン
レインボーライン
停留所 三原山温泉
停留所から 徒歩0分
ホームページ 大島温泉ホテル
備考 電話:04992-2-1673
入浴料:800円
三原山7合目の外輪山に位置する、海抜500mほどの「大島温泉ホテル」内の温泉です。この温泉は食塩泉系の多い大島においては、唯一の単純泉で、カルシウム成分が比較的高い無色透明な、さらりとした感触のお湯です。特に、晴れた日の露天風呂からの雄大な三原山の眺めは絶景で、身も心も癒されます。
三原山頂口展望台
路線 三原山ライン
レインボーライン
停留所 三原山頂口
停留所から 徒歩1分
ホームページ
備考
三原山外輪山の展望台から正面に見えるのが、約230年前、安永の大噴火で出来た中央火口丘三原山です。当時はカルデラの深さが今の2倍位だったといわれています。ここから三原山噴火口展望台まで往復1時間30分程、また噴火口を一周するお鉢めぐりは40分程、トータル2時間10分程の行程です。
東京都立大島公園
路線 大島公園ライン
レインボーライン
大砂漠ライン
停留所 大島公園
停留所から 徒歩0分
ホームページ 東京都立大島公園
備考 椿園、植物園、椿資料館、動物園の入場料は無料
大島公園は大島の東側に位置し、総面積327haを有する自然公園です。園内には、椿園、植物園、動物園があります。なかでも椿園は、7ha(東京ドームの1.5倍)の広い園内に園芸品種約450種3,700本、自生種のやぶ椿約5,000本が花咲く国内最大規模の椿庭園です。また、動物園にはサル山のワオキツネ猿や放し飼いのクジャクなどのほか、野生動物で絶滅の危機にある種(ズートック種)のカラスバト、アルダブラゾウガメ、ハワイガンの3種類の繁殖に取り組んでいます。
海のふるさと村
路線 大島公園ライン
レインボーライン
大砂漠ライン
停留所 大島公園
停留所から 徒歩25分
ホームページ 東京都立大島公園
備考
大島の東側、切だった崖の下の海岸線にあるキャンプ場です。下から崖を見上げると本当に大自然の中にいることが実感できます。キャンプ場内には、ロッジやプールもあり大人から子供まで楽しめるキャンプ場です。
地層切断面
路線 波浮港ライン
停留所 地層切断面
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
大島の南西部、都道沿いのこの地層は約2万年間に堆積した主に降下スコリアと火山灰からなる地層で2万年前から約100回以上の噴火活動が認められるそうです。天気が良い日、少し離れて見るとバームクーヘンのように見え、一休みしたくなる所です。
ぱれ・ら・めーる
路線 波浮港ライン
停留所 ぱれ・ら・めーる前
停留所から 徒歩0分
ホームページ ぱれ・ら・めーる
備考 電話:04992-4-0501
入館料:おとな400円。
フランス語で「海の宮殿」という名の全国でも珍しい貝の博物館です。空中以外どこにでも生息しているという程、生息域の広い貝は多種多様な個性を魅せてくれます。貝に詳しい方はもちろんですが、全然解らないという方でも綺麗な色や面白い形の貝等ただ眺めているだけでも楽しめます。展示されている約4千5百種類の貝の中からお気に入りの一つをみつけてみてはいかがでしょうか。
トウシキ海岸
路線 波浮港ライン
停留所 海洋国際高校前
停留所から 徒歩5分
ホームページ
備考
年間を通して磯釣り、夏は海水浴やシュノーケリングが楽しめる海岸です。玄武岩に囲まれ外海の影響を受けない自然のプールがあるので子供と一緒に海の生物の観察ができます。また海岸の上にはキャンプ場も完備されています。
波浮港
路線 波浮港ライン
停留所 波浮港
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
大島の南部にある波浮港は、9世紀に地下水とマグマが接触しておきるマグマ水蒸気爆発によって出来た窪地で、昔は波浮の池と呼ばれ真水をたたえていました。1703年の元禄地震の揺れと津波によって海に面した崖が崩れ海水が入るようになり、江戸時代後期に、秋広平六らが港として整備し今日に至りますが、大正、昭和の初期にかけては漁港として、遠洋漁業の中継地として賑わった波静かな良港です。近くには、踊り子の里資料館の一つである「港屋旅館」があり、昭和初期の様子が見学できます。
筆島
路線 大砂漠ライン
停留所 筆島
停留所から 徒歩0分
ホームページ
備考
海面から筆の先のような形の岩が見えます。ここは数十万年前に活動を終えた筆島火山の跡です。まわりは波の海食でなくなり、筆島は筆島火山の火道を埋めた堅い岩石が浸食から取り残されて、離れ岩となったものです。またここは、日本の渚百選に数えられている海岸です。
大島大砂漠
路線 大砂漠ライン
停留所 大島大砂漠
停留所から 徒歩15分
ホームページ
備考
昭和61年の噴火の影響で、いまでは黒いスコリアにおおわれている裏砂漠ですが、噴火以前は一面、砂の砂漠地帯でした。昔は映画やドラマの撮影現場として使われました。現在でも砂漠の奥へ入ると島とは思えない景色が広がっています。